ありがとうこはっき~。

りがとうこはっき~。

 

kohakki

当ブログをご覧下さっている皆様の中にはお察し下さっている方もいたのでは・・・と思いますが、こはっき~こと私が飼っておりましたコキンメフクロウが実は昨年暮れに急逝しておりました次第です。

 

ほぼ一年という期間が過ぎ去り、何となく気持ちに整理がついてきたためちょっとご報告を。

 

特に病気もなく十年という年月を私と過ごしてくれたこはっき~ですが、餌の食べが悪いなぁ・・・と思ってからわずか3日でその生涯のまとめに入ってしまいました。3日という時間はコキンメフクロウのような小動物にとっては長い時間なのだと思いますが、本当に最後まで私のことを何も困らせなかったなぁと。

 

最後の日の朝、出勤前に頭を撫でたらすり寄って来てくれて・・・。でも【もしかしたら今夜帰宅したときには・・・】とフト予感したのですね。1日ヤキモキして過ごし、帰宅するとそこには眠るように横たわるこはっき~の姿がありました。

 

お前頑張ったな・・・ありがとうな。そんな言葉しか出てきませんでしたね。今こうしてブログ文章をしたためていてもちょっと悲しいぐらいなので、私の中でこはっき~が大きな存在になっていたことが改めてわかります。

 

思えば、私はこれまで特に好きな動物がいるわけではありませんでした。犬や猫など可愛いとは思うのですが、大きな思い入れがあるわけではなく、飼ってみたいと思ったこともありませんでした。

 

そんな私が初めて飼ってみたいと思わせてくれたのがコキンメフクロウ。いま【一番好きな動物は?】と問われたらコキンメフクロウと間違えなく答えることでしょう。

 

こはっき~を失って落ち込んでいた私に面白い出会いがあったのはこはっき~の死からほんの数日後のこと。なんとこはっき~ソックリな(私的には)ヌイグルミを見つけて入手したのです。

 

kohakki2

 

まるでこはっき~が新しいボディを手に入れて帰還したかのようなこの一体。私の宝物としていつも自室のデスクにたたずんでいます。

 

その後、私なりの供養?というか心の整理というか・・・当ブログを起点にちょっとしたネタ【コキンメーソン】を発信することを始めました。新しいボディと仲間?を得たこはっきは架空の都市伝説の世界でギャワッと生き続けていくことでしょう。

 

コキンメーソン都市伝説第一話
【コキンメーソンのひみつ ”コキンメーソンのたんじょう” 】

 

稚ブログのくだらないネタですが、よろしければご笑覧頂けると幸いです<(_ _)>

[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)