suzuki SW-1

D、リアルバイカーに成る。

何やら素っ頓狂な出だしとなってしまいましたが、シルバーやレザーウェアが好きだとしばしば頂くのが「バイク乗ってるんですか?」というご質問。

 

子供の頃から自転車好きだった私は「いつかバイクで走れる日が来たら爽快だろうな・・・」というイメージを漠然と抱いていたものの、「バイクに乗る」という選択が当時の私の経済力・責任能力の範疇に納まるはずもなく、今日に至っていたわけでございます。

 

そんな私が「仮にもし乗るとしたら?」と捕らぬ狸のなんとやらなリサーチをしたのは数年前のこと。この分類不能ともいえる唯一無二なデザインと出会うのにそう時間はかかりませんでした。

 

このバイクの名前は「SW-1」(スズキ)。ベスパをバイクに仕立てたようなこの不思議なデザインが92年(私はたぶん小学生・・・)に登場していたと思うとスゲェな・・・って思う・・・。

 

 

乗り出してからはや一か月。まだまだ不慣れながらに前よりもちょっとだけ乗り慣れてきたような・・・?

 

「バイク気持ちいですか?」とか「楽しいでしょ?」とかよく尋ねられますが、どちらかというと「バイクで走っている自分に違和感があって何だか変で面白い」というのが一番感覚に近いかな・・・。

 

きっとこのバイクと一緒にあっちこっち行くんでしょうね。大切に乗りたいと思います。

 

ぬはーん

[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)