シューケアボックス再考

ューケアグッズを収めておくボックスについて考えてみた。

 

shoe-care-box

 

自分なりに導き出した一つのアンサーはヴィンテージのアイアンツールボックス。赤いボディにレクタングルな形状、フラップは出来ればフラットなものではなく三角形のものがベター。

 

英国靴好きとしてはムーディーなウッド製のボックスも捨てがたかったが、今回選択したのはインダストリアルな雰囲気の朽ちかけたようなこのボックス。ステッカーをベタベタ貼って使うのが気分だ。

 

今回、比較的イメージに近い物をヴィンテージで見つけることができたのはラッキーだった。こういった手合いの物との出会いはまさに一期一会。情熱が揺らがぬうちにと入手を決断した。

 

横幅約50cm、奥行き約18cmのサイズは増え続けるシューケアグッズたちの住処としてはいささかタイトかもしれない。しかし、数あるグッズの中でも自分にとってのスタンダードはある程度決まってくるものだ。厳選することを怠らず、惰性に流されなければきちんと収まるべきものが収まりきってくれることだろう。

 

黒い靴にはネイビーの靴クリームがマッチする。黒靴の黒にさらに深みが増すようだ。ブラウンの靴には黒の靴クリーム。アンティークな色目になるのがお気に入りだ。

 

この朽ちかけたツールボックスは、きっとシューケアに没頭する一時に新たな高揚感をもたらしてくれることだろう。

 

 

by Dad

[`yahoo` not found]
LINEで送る