SHO-Uフリーマーケット

19年越しの邂逅。いまここに。

sho-ufm3

先日の記事田島昭宇原画展‏-HUMAN GUS DAYS-にてご紹介したSHO-UフリーマーケットにてGETしたブツがデリバリーされて参りましたのでご紹介です。

 

sho-ufm5

 

ご覧の通りのガボールのループタイ「は!?同じのもう持ってんじゃん!!!」と総ツッコミくらいそうなコレクトなのは・・・わかっている!!!・・・つもり(苦笑)

 

ツイッターでインフォメーション&フリマ商品画像を拝見したときにループタイの出品に衝撃を受けるも、プライスがほぼ定価だったこともあって正直なところ躊躇はしたんですよね。

 

しかし、

 

①田島昭宇先生の私物!

②ガボールのアイテム!

③多重人格探偵サイコの作中に登場するループタイのモデルになった現物!

④しかも生前物!!!

 

・・・とですね・・・。まぁ私が好きなものがいくつも重なったこともあって原画展に赴く当日には心は決まっておりました。

 

しかしながら、売れ残っているという確証は当然あるはずもなく実際に会場に到着するまで「まだ残ってるのかなぁ・・・?」と。でも残ってくれていたんですよね、これ。

 

これはもう「もしかしたら私のことを待ってくれていたのかもしれないなぁ・・・」と思いましたね・・・。自意識過剰にもほどがありますが、20年近い歳月を追い続けてきた作品と関わりがあるアイテムだけに、私なりに不思議なご縁を感じたわけでございます(´Д`)

 

sho-ufm7

 

デリバリーされてきた荷物をはやる気持ちを抑えつつ開封。フリマでは陳列されていなかった付属品(専用ポーチ)が同梱されていたのが嬉しかったですね。

 

や、良い思い出になるとともに、私なりに多重人格探偵サイコという作品の幕を下ろすよきメモリアルアイテムとなってくれたと思います。


 

贅沢を言うのであればこのループタイを着けている原画とか入手出来たら最高だったろうなぁ・・・。そもそも出展されていたのかすら定かではありませんが、気になりますね。

 

でも・・・縁があるのであればいつの日か私の前に姿を現してくれるかも。もともと私がガボールにハマるキッカケを作ってくれたのってヤフオクに出品されていた生前のループタイだったのですが、それはゲットし損ねてしまい今に至るんですよね。

 

それが悔しくて・・・。何年も生前のループタイを探していたトラウマがあります。でも、もしあの時に手に入れていたら・・・きっと田島昭宇先生の私物ループタイをゲットすることにもっと躊躇してしまっていたことでしょう。そう考えるとあの時の失意はひとつの布石として意味があることだったのかもなぁ・・・と思うのです。

 

いずれまた人生の不思議とロマンを感じさせてくれるような楽しい邂逅が私に訪れますように・・・!!!

 

ぬはーん

[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)