こち亀200巻

画のお差し入れを頂いてしまいました(笑)

 

kotikame1

 

や、誰しもが知るであろうジャンプの有名作『こちら葛飾区亀有公園前派出所』こと“こち亀”が完結するということで話題になりましたよね。

 
この作品、もう私が小学生の頃から続いてきたんだよなぁ・・・。なんと40年連載されていたそうで、200巻も続いた漫画作品ってこち亀くらいなんじゃないでしょうか!?

 

毎回、その時々の時事ネタやトレンドを盛り込んだ作風がお見事で、作者の頭の良さとボキャブラリーには敬服するばかりです。インタビューによれば次回作も予定されているとか。ここまでの長期連載を終えてなお表現を続けるモチベーションがあるのってスゴいですよね。

 

実は近年、こち亀に全く目を通してなかったのですが、最終話は一体どうなるのかなぁ・・・と話していたところ、覚えて下さっていた顧客様が最終話が掲載されているジャンプと最終巻をお差し入れ下さり、ようやく最終話について確認できた次第です。

 

最終話っぽく何か大きな事件が起きたりするのかな???と思いきや、いつものこち亀らしい穏やかで和やかな最終話だったと思います。物語としてはこれで完結ですが、きっと両さんたちのハチャメチャな日常はずっと続いてくのでしょうね。

 

また、最終話の前話も両さんの人情が伝わってくるような良い話でした(修理不能という形見の時計をアメリカにまで行って修理したという話なんです)。こういった何ともいえない両さんの優しさや人情が伝わってくるストーリーが連載に散りばめられているのがまたこち亀の魅力ですよね。

 

kotikame2
秋本治先生、長年の連載お疲れ様でした。きっと新作を拝見しても「両さんいつ出てくるのかな?」と両津勘吉の姿を作中に探してしまうであろう自分自身に苦笑しつつ、次回作を楽しみにしております。

 

作品が完結しても、きっと両さんはたくさんのファンたちの心の中に在り続けるのでしょうね。

 

ぬはーん

[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)