ペイント系アイテムが好きなんです。‏

ってやっていることが判らないと際どいアイテムかもしれない・・・(汗)

paint-item

ファッションアイテムのデザインとして認知されているペイントですが、人によっては【単なる汚れ】にしか見えないリスクがあることにしばしば気がつかされます。

 

これはもう10年以上も前のことになりますが、当時から相変わらずペイント系アイテムが大好きだった私がペイント系デザインのブーツを履いて大学キャンパスを歩いていた時のこと。当時お世話になっていた大学院の教授から【!?汚れてるけど大丈夫???】と本気の心配をされてしまったという経験があります(笑)

 

実際に統計をとってみたわけではありませんので定かではありませんが、こういうものに関心が無い方の印象ってリアルなところそんなものかもしれませんね。

 

そこで考えさせられるのは、こういったアイテムってある程度【狙って着用している】感が必要なのかもなぁ・・・と。個人的に一点だけこういうアイテムをコーディネートに取り入れるのが好きだったのですが、案外と今回くらいに狙い過ぎでもよいのかも?

 

かたや過剰になり過ぎると単なるくどいスタイルになるのが目に見えているのが難しいところ。塩梅よくコーディネートできるセンスが欲しい・・・(苦笑)

 

むはーん

 

[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)