Nice to meet you see you again Tabel sixty!!!

の男たち、ROCKにつき。

「じゃあどうせだから、〇〇〇〇に会おうよ」。そんな何気ない一言から旅のついでに本当に私に会いに来てくれたのはTabel-sixtyを運営するお二方ことTAKさんとTaliさんであります。

 

TAKさんとは以前からちょこちょこ遊んでいただいていたのですが、Taliさんと実際にお会いするのはお初のこと。以前に一度だけ電話でお話しさせていただいて以来、ずっとお会いしてみたかったので願いがかないました次第です(´Д`)

 

なんと私の仕事先に遊びに来て下さり、ちょっと遅いディナーへGO!その後、静岡鑑定団&清水鑑定団というニッチすぎるスポットを古着のシルバーアクセサリコーナーを中心に冷やかし、お二人の宿泊先に招待頂きました。

 

なんとビックリ、お土産までご用意下さっていたんですよね・・・。お話を伺ってまた感動したのですが、わざわざ東京で私が大好きなキャラクター【ちよ父】のグッズを探してくださったのだとか。

 

「作品が古いからか見つからなかったのでせめてこれを・・・」と同じ作者がデザインしたキャラもの商品を差し出してくださったことには感激いたしましたね・・・。素敵で粋なお心遣いありがとうございます!!!

 

Taliさんに至っては「こんなんじゃ俺の気持ちが収まらねえ・・・!」と追加お土産を現地調達下さるという・・・(ちなみにヴァンアンバーグのレザーブレス!)。「まさかの現地調達!?ROCKすぎるわ!!!」と大盛り上がりでした(笑)

 

また、ホテルで談笑した時間が過ぎるのが早いこと・・・。気が付けば午前6時だったので「マジか!?(笑)」と驚きましたね。や、こんなのって大学生以来じゃないかな・・・。またこんな遊びができるなんて最高です。

 

 

とりあえず数時間後にランチの約束を取り付け私は一回帰宅することに。TAKさん、Taliさん、オールでお付き合いくださり本当にありがとうございました!!!

 

数時間後に続く・・・。

[`yahoo` not found]
LINEで送る

2件のコメント

  1. こんばんは!いつも楽しくブログを拝読しております。
    Dad様の銀&革に絡んだ記事を読み直していましたら。
    トップ画像の御二人のうち、何方かはREIDのウォレットを使用されているのですね!
    可なり使い込んでいる様なので、実物を拝見したい衝動に駆られました。
    REIDのウォレットとは、玄人な方で御座いますね!!

  2. OGAWATORYさん

    こちらこそいつもお見守り下さりありがとうございます!

    ウォレットの件、着眼点がお見事ですね(笑)おっしゃる通りREIDってレアな印象があるというか、実際にアイテムを使い込んでいるユーザーさんになかなかお会いできない印象があります。

    こういった使い込まれた私物レザーアイテムって実物を手に取って見てみたくなる魅力がありますよね(´Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)