レザージャケットのある人生

ザージャケットのある人生ってよいですよね。

brown-leater-jacket

私が人生で初めてレザージャケットを手に入れたのは確か大学生1年生ぐらいの事だったと思います。当時、何かとお世話になっていたショップスタッフのKさんにオススメ頂いて恐る恐る袖を通したのは画像のブラウンレザーのテーラードジャケット。

 

「この型の物をもう何年も探していたんですが、レザーの質などずっと納得いくものが見つからなかったんですよね。きっとこれ、オッサンになっても着てますよ・・・僕(笑)」数年越しの念願がかなったKさんの情熱に感化されて購入するも、当時はレザーという大人な素材に何だか落ち着かなくって・・・。

 

でもこの一着がきっかけで【レザーウェア】という世界に入門できた私はレザーウェアを通してたくさんの人達と楽しい交流が出来るようになったように思います。

 

レザーウェアって恐らく同じ革製の靴やカバンと比べると誰しもが着るものでもなく、どちらかというと【縁】みたいなものが無いと袖を通す事すらしない部類の服なのではないでしょうか???高額なのはもちろんのこと、ウールやコットンに比べて【攻めてる】感じがする素材のせいか、敬遠する方も少なくないように思います。革製品の匂いが嫌という方すらいますしね・・・(苦笑)

 

そんな一部の人だけにしか受け入れられないレザーウェアだからこそ、着ているもの同士の不思議なシンパシーがあるのかもしれません。レザーをまとっているだけで共通のコミュニケーション要素になるというのでしょうか。過去の経験上、レザー好き同士って不思議と会話が盛り上がるんですよね(笑)

 

今回は、いつも私のところへお越し下さるお客様の中でも特にお洒落なS様が【人生初のレザーウェア】に袖を通されたとのことでわざわざご来院の際にお披露目下さるという嬉しいサプライズを頂きました。

 

そんなサプライズに私もにわかに触発されて、自分にとっての【人生初のレザーウェア】をついクロゼットから引っ張り出してしまいました次第です。ちなみにS様のファーストコレクトはホースハイドのシングルライダース初のレザーがホースレザーとは!いやはや、さすがというしかありません。やはりお洒落な方の選択というのは一味違いますね。

 

さてさて、レザーウェアの世界についに進出されたS様ですがこれからどのようなレザーウェアと出会っていかれるのでしょうか?【レザーはハマるとヤバいですよ・・・(笑)】とか談笑しつつ、今後のS様の動向が気になって仕方がない私でした(´Д`)

 

ぬはーん

[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)