アイスブルーのデニム

イスブルーのデニムに魅力を感じるようになったのはいつ頃からだろうか。

 

オレンジなどのハッキリとした色を好んだ十代の頃と比べて薄い色の組み合わせが洒落て感じるようになりました。これもひとつの老化現象?なのかもしれません。

 

デニムを物色しているとついチェックを入れてしまうのがアイスブルーのスキニージーンズ。この【アイスブルー】っていう言葉自体、ファッション偏差値が低い私としては耳慣れないのだけど誰が言い出した言葉なのかな・・・?

 

私のお気に入りのコーディネートはアイスブルーのジーンズに白シャツ、そこにベージュのレザージャケットとブーツを合わせる組み合わせ。これって十代の頃にはありえない組み合わせだったよなぁ・・・。

 

たぶんこういったシンプルな色合わせやアイテムを退屈せずに楽しめるようになったのってアクセサリの存在がデカいと思います。男の着けるペンダントやリングに気後れしていた頃ってシャツの柄やコーディネートの色合わせぐらいでしか楽しめていなかったような。

 

三十路になってから感じるのは【シンプルを好むようになってきたこと】【かつては選べなかったようなアイテムにも手が伸びるようになったこと】でしょうか。

 

相変わらずヤンチャでキッチュなものが好きだったりする自分もいますが、シンプルに移行していくのって十代の頃に憧れたお洒落な大人たちの姿そのものなんですよね。

 

いやはや、年を取るってこういう化学変化をともなうものなのでしょうか・・・。気が付いたらそうなっていたことに喜ぶべきか否か???

 

むはーん

[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)