Gaboratory Ax Large with Face

撃のアイテム再び。

Ax Large with Face

Gaboratory Ax Large with Face

 

先日のブログでもご紹介した激レアアイテムの【Ax Large Cross】だが、このクロスにはもう一つのデザインパタンがあることをご存じだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リンク☞ Gaboratory Ax Large with Face

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご覧のとおりこれまたレアな【フェイス】モチーフが配されたこのデザイン。Gaboratoryのカタログで確認した初見時にはあまりのインパクトにギョッとしたものだった。

 

スカルやアニマルを中心とした強烈にゴシックなデザインのイメージが強いガボラトリーブランドにあって、どこか能面を彷彿とさせるような東洋的なたたずまい。一説にはこのフェイスモチーフは死人の顔を模って作られる【デスマスク】をデザインソースとしていると聞くがどうなのだろうか?

 

真実は不明だが、そう考えると【デスマスク×クロス】という”人間の死”をテーマにしたモチーフを重ねたこのクロスは非常に哲学的な意匠が込められたデザインと言えよう。

 

そうでなくとも、このレアなクロスを拝めることは眼福という一言に尽きる。フラットなフェイスにこれまたフラットなアックスクロスを合わせるというセンスがまさにガボール・ナギーだ。

 

驚くべきことにこのクロスのオーナー氏は2本のアックスラージクロスを所蔵している。これほどのアイテムを個人で所蔵されているだけでも嘆息ものだが、惜しげもなくこうしてお披露目下さるオーナー氏の懐の深い人柄には感謝するばかりだ。

Ax Large with Face2

 

こうして並べた様子を拝見するに、同じデザインのクロスのはずが数多くの相違点が見てとれる。アイテムのディティールのみならず、エッジ、厚み、そしてエイジングに至るまで実にたくさんの違いがあるのが非常に興味深い。

Ax Large with Face3

 

ご覧の通り個体差が興味深いこのクロスだが、既に【型が存在していない】という噂を聞いたことがある。アトリエではカタログを基にマスターピースを作り直しているのだろうか?真偽のほどは定かではないが、本家ブランドがすればそれもアイテムの魅力とロマンを増してくれるエピソードになりえるから不思議だ。

 

数あるガボールクロスの中にあって私が最も好きなクロスはETラージクロスだが、アックスラージクロスガボールの中で最もカッコよいクロスだと思う。矛盾するようだが、どちらがMy bestかと問われれば甲乙つけがたい。

 

それにしても高額なリミテッドクロスをデザイン違いで所蔵するオーナー氏の気概と美意識には脱帽するばかり。きっと貴重な作品たちに囲まれる贅沢なひと時を堪能されていることだろう。

 

 

by Dad

[`yahoo` not found]
LINEで送る