ウールジャケットとガボールのアクセサリ

ういう記事ってちょっと久々かもですね。

 

Engineered-Garments-gaboratory

このブログにおきまして恐らく最も読者様の興味関心が低いであろうワタクシの本日の格好。皆様、心底どうでもよいかと存じますが・・・たまにはお付き合いいただけると幸いでございます<(_ _)>

 

さてさて、今回は先日のブログ記事Engineered Garments/エンジニアードガーメンツにてご紹介させて頂きましたウールジャケットとボタンショールに袖を通してみました。【袖を通した】と言ってもフード付きベスト風に見える首周りはボタン付きのショールなのですが、こうしてあたかもフード付きベストのように着れるのが面白いですね。マフラー同様あたたかいですし、冬場にはよいアイテムだと思います。

 

アクセサリはGaboratory/ガボラトリーのローラーネックレスとウォレットチェーンをチョイス。こういったちょっと土臭い格好にガボールのアクセサリは好相性ですね(´Д`)

 

コーディネートについてはブランドモデルを完全コピーするのも何だか味気ないのでインナーにはA.P.C./アー・ペー・セーのストライプカットソー、下半身はデニムにTricker’s/トリッカーズのブーツを合わせることで地味に抵抗&工夫を。

 

まぁ・・・ブランドモデルのコーディネートを完全コピーしようにも2012年コレクションのアイテムですので入手が厳しいですが・・・。そう思うとジャケットとショールを同柄でゲットできたのは僥倖いえるかもしれません。

 

あ・・・そういえばコーディネートのことを【コーデ】って言い始めたのって一体誰なんでしょうね?私は普段使わない言葉ですが、たまに耳にする言葉だけにいつ頃に登場した言葉なのかとかちょっと興味深かったり。

 

ファッションスタイルもそうですが、言葉の表現においても他者に影響を与えるものをクリエイトできる人ってスゴイですよね(´Д`)

 

ぬはーん

[`yahoo` not found]
LINEで送る