BARNS OUTFITTERS/バーンズ アウトフィッターズのショップコート

生初のショップコートにマスタードイエローをチョイスするという冒険(暴挙?)をしてみました(´Д`)

 

barns-outfitters-shop-coat

 

 

 

今回ゲットしたのはBARNS OUTFITTERS/バーンズ アウトフィッターズ一着。シルバー友達のTAKさん(TAK’s Laboratory)と入店した初見のショップの中で最も目を引いた一枚でした。

 

TAKさんと遊んだ時の記事はコチラ
☞ nice to see you again!

 

実はショップコートが欲しかったわけでは特になく、色目に惹かれて手に取ったのがたまたまこれだったという・・・。どうにも私の買い物は毎回いきあたりばったりですね・・・(苦笑)

 

・・・そういえば最近はすっかり有名になった【ショップコート】ですが、一体いつから流行りだしたのでしょうか???何とも男心をくすぐるネーミングながら、私が20代の頃には聞かなかった商品名のように思います(私が知らなかっただけ?)。

 

【ワークジャケット】とか【カバーオール】というのは随分と以前から聞いているネーミングなのですが、【ショップコート】というのは比較的に新しいような気が。リサーチしてみるにショップコートには以下のような特徴があるようです。

 

〇一枚仕立ての薄手のコート
〇元はアメリカの作業着
〇その名の通りお店で着られていた(スタッフの制服)

 

ウーム、こうなると国外ワーカーたちのリアルなSHOP-COATスタイルを拝見してみたいですね。リサーチしても案外見つからないことから、案外と和製英語?なのかも??

 

ボチボチ暑くなってきていることからショップコートを楽しめるのはあとわずかと言ったところですが、ガンガン着てガシガシ洗いこんで色落ちを楽しみたいですね。エイジングした時の風合いと色合いが今から楽しみです(´Д`)

 

ぬたぁん

[`yahoo` not found]
LINEで送る